歯を白くするホワイトニング

一度黄色く汚れてしまった歯は、普通に歯磨きを下だけでは元の白さに戻りません。そこで必要になるのがホワイトニングです。歯の黄ばみや黒ずみ等の汚れを落とし白くすることをホワイトニングと言います。


歯の黄ばみ等の汚れの原因はステインという着色汚れです。ホワイトニングではステインを除去することで歯を白くします。ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは1回行うだけで数万円から10万円以上も費用がかかるため、より安価なホームホワイトニングが登場しました。


ホームホワイトニングには2種類あります。まず1つ目は歯科医院でマウスピースを作ってもらい、自宅でそのマウスピースを使ってホワイトニングするものです。これも1回で数万円の費用がかかります。次に2つ目は、ホワイトニング用の歯磨き粉やジェルを購入して、自分でホワイトニングするものです。これは3千円ほどから始められます。お手軽に始められるので、ホワイトニング用の歯磨き粉やジェルを使うのがおすすめです


では、ホワイトニングに良い歯磨き粉やジェルとはどんなものでしょうか?


おすすめのホワイトニングジェルはこちら

ホワイトニングに良い歯磨き粉とは

歯の黄色い汚れはステインなので、ステインを除去できる歯磨き粉を使います。ステインを除去するという歯磨き粉がスーパーやドラッグストアで数百円で売られていますが、実はこれらはあまり良くありません。使ったことがある方も多いと思いますが、ほとんど白くなりません。


安いものには研磨剤が入っていることが多いのですが、研磨剤は歯のエナメル質を削ってしまいます。白くてツルツルしているのが歯のエナメル質で、虫歯にならないように歯を守ったりするものです。エナメル質に傷がつくと虫歯になりやすくなったり、歯が汚れる原因となります。エナメル質に付いた傷の間に汚れがたまってしまうからです。歯を白くするつもりが逆効果というわけです。ですから研磨剤の入っていないものを選びましょう。


ホワイトニング用の歯磨き粉やジェルを選ぶときは次のポイントを満たすものが良いです。
ステインを除去する成分が入っている
研磨剤を使っていない
低刺激のもの


研磨剤不使用でもステインを落とせるような成分が入ったものを選びます。例えば、ポリアスパラギン酸やポリリン酸ナトリウムなどの成分がステインを歯から浮かせて取り除くことができます。また、低刺激であることもも大切です。歯科医院でのオフィスホワイトニングや、マウスピースタイプのホームホワイトニングでは刺激の強い薬剤を使うので、歯にしみて痛みを感じます。そのため虫歯がある場合は、先に虫歯の治療をしなければいけません。ホームホワイトニング用のジェルや歯磨き粉は刺激が弱いものから作られていることが多いですが、購入前に確認するのが良いでしょう。


おすすめのホワイトニングジェルはこちら

おすすめのホワイトニングジェル

ホワイトニング用のジェルや歯磨き粉はいろいろ種類がありますが、当サイトのおすすめはこちらのホワイトニングジェルです。歯を白くし、虫歯を予防する効果が厚生労働省により認定された医薬部外品だからです。

ステインを除去する

ステイン除去成分としてポリアスパラギン酸を配合。歯の黄ばみであるステインを浮かせて剥がすので、白い歯になります。 ビタミンCやリンゴ酸を配合し再び汚れがつきにくくするだけでなく、口臭や歯周病も防ぎます。

虫歯を予防

虫歯を予防する新規成分GTOを配合しています。ほとんどのホワイトニング用ジェルや歯磨き粉は歯を白くする機能だけですが、ちゅらトゥースホワイトニングはむし歯の予防にもOK。普通に歯を磨くよりも虫歯になりにくい。

厚生労働省が認可した医薬部外品

医薬部外品として認可された数少ないホワイトニングジェルです。歯を白くする、虫歯を予防する、口臭を防ぐ、歯周病を予防するといった効果が認められています。


なんといっても医薬部外品として認められているというのが大きいですね。また、低刺激で安全に作られているので安心して使えます。


ちゅらトゥースホワイトニング 公式サイトはこちら

更新履歴